作品・キャスト情報

孤独な暗殺者ブラック・ウィドウは、
なぜアベンジャーズになったのか――?

ストーリー

2010年に公開された『アイアンマン2』(10)で初登場して以降、計7本の作品でその類稀なる美貌と抜群の身体能力を駆使しあらゆる高度なミッションを遂行してきた世界最高のエージェント、ブラック・ウィドウ=ナターシャ・ロマノフ。過酷な訓練によって育てられたスパイにして超一流の暗殺者。

そんな彼女が自身の命に関する重大な決断を下したのが、全世界歴代興収1位を記録し、世界中を衝撃と興奮、そして感動の渦に巻き込んだ『アベンジャーズ/エンドゲーム』(19)だった。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(18)でサノスの野望の前に大敗北したアベンジャーズが時空を超越し壮大な“大逆転劇”をみせたが、そこでブラック・ウィドウが自らの命と引き換えに選んだ“運命”は、あまりにも苛酷で哀しいものだった――。なぜ彼女は“衝撃の決断”を下したのか? 孤独な暗殺者ブラック・ウィドウは、なぜアベンジャーズになったのか? すべてにつながる答えは、彼女の過去に秘められていた。

キャスト

ブラック・ウィドウ/ナターシャ・ロマノフ
(スカーレット・ヨハンソン)
エレーナ
(フローレンス・ピュー)
メリーナ
(レイチェル・ワイズ)
レッド・ガーディアン/アレクセイ
(デヴィッド・ハーバー)
メイソン
(O. T. ファグベンル)
タスクマスター
 

スタッフ

監督:
ケイト・ショートランド
脚本:
エリック・ピアソン
ストーリー:
ジャック・ジェイファー AND ネッド・ベンソン
製作:
ケヴィン・ファイギ,p.g.a.
製作総指揮:
スカーレット・ヨハンソン

おすすめ作品

おすすめ商品