• キャプテン・アメリカ、アイアンマン、ソー、ブラック・ウィドウなど、ヒーローたちを象徴するアイテムや世界観の中で写真を撮ろう!
    また、ドクター・ストレンジの魔術を映像で体験したり、グルートと一緒にダンスしたり、映像ギミックも楽しめる体験型イベントです! 大阪開催 会期延長決定! 2020年8月10日(月・祝)~12月14日(月)

展示構成

展示の様子
展示の様子
展示の様子
展示の様子

『アイアンマン』(2008)から始まったマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)。マーベル・スタジオは、この同じ世界観を共有する様々なヒーローたちのストーリーを描き、ときにはクロスオーバーさせながら、大ヒット作品を製作してきました。そして、2019年に公開された『アベンジャーズ/エンドゲーム』は世界中で多くのファンに支持され、映画史を大きく塗り替えたことは、みなさまの記憶にも新しいことと思います。
「マーベル・スタジオ/ヒーローたちの世界へ」は、キャプテン・アメリカ、アイアンマン、ソー、ブラック・ウィドウなど、マーベルヒーローたちを象徴するアイテムが身近に展示され、その世界観の中で、写真を撮りながら楽しんでいただくことができる体験型のイベントです。ドクター・ストレンジの“魔術”を映像で体験したり、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のグルートと一緒にダンスしたり、インタラクティブな要素も。世代や性別、そして国境をも超えて熱く胸をうつマーベル・スタジオ映画作品のヒーローたちの世界をお楽しみください。

グッズ紹介

展示会場にて販売中のおすすめ商品です。※ご紹介する商品は一部となります。

  • セレクトショップ<BEAMS(ビームス)>が手がける限定アイテムが登場

    イラストレーター<金安 亮>が描くスパイダーマンや、グラフィックデザイナー/コラージュアーティストの<河村 康輔>によるMARVELロゴの大胆なコラージュ、そして、<F-LAGSTUF-F(フラグスタフ)>はマーベルヒーローの中でも一際クールで美しいスパイとして知られるブラック・ウィドウにフォーカスするなど、マーベルの奥行きのある世界観を表現するにふさわしい3組のアーティストを起用した特別なコレクションです。会場で販売中のアイテムをオンラインショップでもお求めいただけます。

大阪会場

会場:

「マーベル・スタジオ/ヒーローたちの世界へ」大丸梅田店13階特設会場

会期:

2020年8月10日(月・祝)~12月14日(月)

入場時間:

午前10時から午後7時30分まで(午後8時閉場)※会期中無休

入場料:

一般1,300円(1,100円)、高大生1,000円(900円)、小中生600円(500円)
未就学児は無料。

  • すべて税込みで( )内は前売料金および大丸・松坂屋のクレジットカード、大丸・松坂屋アプリ会員のサファイアランク、大丸松坂屋友の会カード、ブライダルサークル会員証、ディズニー★JCBカードをお持ちの方のご優待料金です。

主催:

「マーベル・スタジオ/ヒーローたちの世界へ」大阪実行委員会

特別協力:

ウォルト・ディズニー・ジャパン

協力:

ハーレーダビットソン ジャパン

企画制作:

「マーベル・スタジオ/ヒーローたちの世界へ」制作委員会