作品・キャスト情報

11月11日(金)日米同時公開

全世界で社会現象を巻き起こした「ブラックパンサー」シリーズ最新作がついに始動

全世界歴代興行収入No.1を記録し、世界中に衝撃と感動を巻き起こした『アベンジャーズ/エンドゲーム』(19)をはじめ、破格のメガヒット超大作によって次々とエンターテイメント史を塗り替えてきたマーベル・スタジオ。日本でも興収20億円を超える大ヒットを記録した『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』、そして7月に公開された『ソー:ラブ&サンダー』に続き、2022年のマーベル・スタジオ劇場公開作品の最後を飾る『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』が11月11日(金)に公開される。

2018年に公開され、全米歴代5位となる興収7億ドル、全世界では興収13億ドルを超える大ヒットを記録した『ブラックパンサー』。

国王とヒーローの2つの顔を持ち、世界を守るため漆黒のスーツをまとい戦う彼の物語は、ヒーロー映画としては初となるアカデミー賞®作品賞含む7部門にノミネート、3部門の受賞を果たし、ライアン・クーグラー監督は「世界で最も影響力のある100人」に選出された。またグラミー賞受賞アーティスト、ケンドリック・ラマ―ら豪華アーティストが参加したインスパイア・アルバムも世界中で大きな話題となり、『ブラックパンサー』はヒーロー映画の枠を超え、社会現象となった。

そして2020年8月28日。続編への期待が高まるなか、ブラックパンサーを演じたチャドウィック・ボーズマンの訃報は、世界中を深い悲しみに包んだ。

やがて、マーベル・スタジオの社長兼プロデューサー ケヴィン・ファイギが「ワカンダのレガシーを繋いでいく」とコメントを発表。2022年11月、全世界が注目するブラックパンサーの新たな物語が、ついに幕をあける。

スタッフ

監督:ライアン・クーグラー
製作:ケヴィン・ファイギ


おすすめ作品

おすすめ商品