作品情報

友情が、友情を引き裂く―

監督は前作『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』を手掛けたアンソニー・ルッソとジョー・ルッソ。製作は、数々のマーベル・スタジオ作品を大ヒットさせているケヴィン・ファイギ。キャストには、クリス・エヴァンス、ロバート・ダウニーJr.、スカーレット・ヨハンソンら豪華俳優陣が再び勢ぞろい。さらに、本作でついに参戦するスパイダーマン役にはトム・ホランド、新たに登場するアフリカの小国ワカンダの超人的戦士ブラックパンサー役にチャドウィック・ボーズマン、新戦力のアントマン役のポール・ラッドを加え、セバスチャン・スタン、アンソニー・マッキー、ドン・チードル、ジェレミー・レナーら豪華布陣が揃い、全世界の人々を熱くするエンターテイメントを創りあげています!

マーベル・スタジオ作品との数々のストーリー・リンクはもちろん、スパイダーマンなどの魅力的な新キャラクターの登場や、それぞれの選択により引き裂かれる仲間との絆や人間としての弱さ等が描かれる、前作よりもスケールアップしたダイナミックな世界観のアクション超大作!


 

ストーリー

人類の平和を守るためのアベンジャーズによる戦いは、全世界に拡大。
多くを救う反面、その人的・物的被害は膨大なものになり、ついにアベンジャーズは国際的な政府組織の管理下に置かれる事態に。
一般市民を危険にさらしたという、罪の意識を持つアイアンマンことトニー・スタークと自らの行動は自らが決めるべきという信念のキャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャースは、それに強く反発する。
彼らの対立が生み出す一触即発の緊張の中、壮絶なテロ事件が発生。
犯人として、キャプテン・アメリカのかつての親友ウィンター・ソルジャーことバッキーが指名手配された。
“過去”を共にした無二の親友か、未来を共にするはずのアイアンマンら仲間との友情か。
ふたつの絆で揺れるキャプテン・アメリカの決断は、最強チーム<アベンジャーズ>を二つに引き裂く“禁断の戦い”を告げるものとなるのだった…

キャスト

スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ:
クリス・エヴァンス/中村悠一
トニー・スターク/アイアンマン:
ロバート・ダウニーJr./藤原啓治
ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ:
スカーレット・ヨハンソン/米倉涼子
バッキー・バーンズ/ウィンター・ソルジャー:
セバスチャン・スタン/白石充
サム・ウィルソン/ファルコン:
アンソニー・マッキー/溝端淳平
ジェームズ・ローズ/ウォーマシン:
ドン・チードル/目黒光祐
クリント・バートン/ホークアイ:
ジェレミー・レナー/宮迫博之
ティ・チャラ/ブラックパンサー:
チャドウィック・ボーズマン/田村真
ヴィジョン:
ポール・ベタニー/加瀬康之
ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ:
エリザベス・オルセン/行成とあ
スコット・ラング/アントマン:
ポール・ラッド/木内秀信
シャロン・カーター:
エミリー・ヴァンキャンプ/御沓優子
ピーター・パーカー/スパイダーマン:
トム・ホランド/榎木淳弥
ブロック・ラムロウ/クロスボーンズ:
フランク・グリロ/水内清光
ロス長官:
ウィリアム・ハート/菅生隆之
エヴェレット・ロス:
マーティン・フリーマン/森川智之
ジモ:
ダニエル・ブリュール/内田夕夜

スタッフ

監督:
アンソニー AND ジョー・ルッソ
脚本:
クリストファー・マルクス、スティーブン・マクフィーリー
製作:
ケヴィン・ファイギ
製作総指揮:
ルイス・デスポジート、ヴィクトリア・アロンソ、パトリシア・ウィッチャー、ネイト・ムーア、スタン・リー
撮影監督:
トレント・オパロック
プロダクション・デザイン:
オーウェン・パターソン
編集:
ジェフリー・フォード(A.C.E.)、マシュー・シュミット
衣裳デザイナー:
ジュディアナ・マコフスキー
視覚効果&アニメーション:
インダストリアル・ライト&マジック
視覚効果監修:
ダン・デレウ
ビジュアル開発主任:
ライアン・メイナーディング
音楽:
ヘンリー・ジャックマン
音楽監修:
デイヴ・ジョーダン
キャスティング:
サラ・ハリー・フィン(C.S.A.)

おすすめ商品