作品情報

人類滅亡へのカウントダウン
救えるのは彼ら<アベンジャーズ>だけ

全世界No.1シリーズ、アクション超大作MovieNEXで登場!!

監督・脚本は前作『アベンジャーズ』を⼿掛けたハリウッド屈指のトップクリエイター、ジョス・ウェドン。製作は、数々のマーベル・スタジオ作品を⼤ヒットさせているケヴィン・ファイギ。キャストには、ロバート・ダウニーJr.、スカーレット・ヨハンソンら豪華俳優陣が再び勢ぞろい。さらに、新たな⼈類の脅威となる、暴⾛する⼈⼯知能ウルトロン役にジェームズ・スペイダー、特殊能⼒を持つ⼈間兵器の双⼦役にエリザベス・オルセンとアーロン・テイラー=ジョンソンなどフレッシュな新戦⼒に加え、ポール・ベタニー、ステラン・スカルスガルド、イドリス・エルバ、ヘイリー・アトウェルら豪華布陣が揃い、最強のエンターテイメントを創りあげた。

他のマーベル・スタジオ作品との数々のストーリー・リンクや、熱狂的な⼈気を誇るアイアンマンの最終兵器”ハルクバスター“の登場、そして切ないロマンスも描かれる『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』。
全てが前作よりもスケールアップした、史上空前のアクション超⼤作!


ストーリー

暴走する⼈⼯知能の前に、アベンジャーズ絶体絶命︕

悪の秘密組織ヒドラ党の基地を壊滅させるために、アベンジャーズが集結していた。
作戦は成功するが、謎の超能⼒を持つ双⼦には逃げられてしまう。
その時、双⼦の1⼈スカーレット・ウィッチの精神攻撃でアベンジャーズ壊滅の悪夢を観たトニーは、ヒドラから取り戻したロキの杖のパワーを分析して⼈⼯知能による完璧な平和維持システム<ウルトロン計画>を開発、密かに推進する。
しかし、トニーの想像を超えて⼈⼯知能=ウルトロンが暴⾛を開始。
進化と増殖を続けるウルトロンが選択した“究極の平和”とは、 地球を脅かす唯⼀の存在=⼈類を抹消することだった…。
世界中の都市を襲う⼈類滅亡の脅威に、最強チーム“アベンジャーズ”が再び結集。
絶体絶命の彼らに残された最後の武器は、「愛する⼈を守りたい」という熱い思いだった…。

キャスト

トニー・スターク/アイアンマン:ロバート・ダウニーJr.(藤原啓治)
ソー:クリス・ヘムズワース(三宅健太)
ブルース・バナー/ハルク:マーク・ラファロ(宮内敦士)
スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ:クリス・エヴァンス(中村悠一)
ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ:スカーレット・ヨハンソン(米倉涼子)
クリント・バートン/ホークアイ:ジェレミー・レナー(宮迫博之)
ウルトロン:ジェームズ・スペイダー(木下浩之)
ニック・フューリー:サミュエル・L・ジャクソン(竹中直人)
サム・ウィルソン/ファルコン:アンソニー・マッキー(溝端淳平)

スタッフ

監督&脚本:ジョス・ウェドン
製作:
ケヴィン・ファイギ(p.g.a.)
製作総指揮:ルイス・デスポジート、アラン・ファイン、ヴィクトリア・アロンソ、ジェレミー・レイチャム、パトリシア・ウィッチャー、ジョン・ファヴロー、スタン・リー
共同製作:ミッチ・ベル
撮影:
ベン・デイヴィス(BSC)
プロダクション・デザイン:チャールズ・ウッド
編集:ジェフリー・フォード(ACE)、リサ・ラセック
衣裳デザイナー:アレクサンドラ・バーン
マーベル・スタジオズ創設者:デヴィッド・メイゼル
視覚効果&アニメーション:インダストリアル・ライト&マジック
視覚効果監修:クリストファー・タウンゼント
ビジュアル開発共同主任:チャーリー・ウェン
ビジュアル開発主任:ライアン・メイナーディング
音楽:ブライアン・タイラー、ダニー・エルフマン
音楽監修:デイヴ・ジョーダン
キャスティング:サラ・ハリー・フィン(C.S.A.)

おすすめ商品