「アベンジャーズ」シリーズに登場するヒーローたち。彼らは決して強いだけではありません。悩み、苦しみ、もがき。時にはくだらない話で笑いあう。マスクの下に隠されたヒーローの素顔はただひとりの人間。それこそが、マーベルが描く真のヒーローなのです。 「ヒーローは、ヒーローである前に人間である。」 「アベンジャーズ」シリーズに登場するヒーローたち。彼らは決して強いだけではありません。悩み、苦しみ、もがき。時にはくだらない話で笑いあう。マスクの下に隠されたヒーローの素顔はただひとりの人間。それこそが、マーベルが描く真のヒーローなのです。 「ヒーローは、ヒーローである前に人間である。」

マスクの奥に隠されたヒーローの素顔がそこに。
MARVEL超人間ドラマを観るならこちら!

キャプテン・アメリカ(スティーブ・ロジャース)
正義感が強く、国のために戦いたいと願っていたスティーブ・ロジャースは、小柄で体が弱く、軍に所属することもできなかった。実験段階の超人血清を注入することで、身体能力が格段に上昇し、国民から愛される伝説的なヒーロー、キャプテン・アメリカへと生まれ変わる。彼の最大の武器は、小柄なスティーブ時代から変わらない正義感と強い意志。 ー弱者は、力の価値を知っている。そして憐れみも。

『キャプテン・アメリカ
 /ザ・ファースト・アベンジャー 』

キャプテン・アメリカをキャプテン・アメリカたらしめる正義感・強い信念の原点がわかる一本。
彼は、なぜ軍の極秘実験<スーパーソルジャー計画>の対象として選ばれ、どのように伝説のヒーローになっていったのか。

作品紹介

アイアンマン(トニー・スターク)
かつては武器売買によって巨大な富を築いてきたトニー・スターク。しかし、テロ組織に拉致され、そこで彼の武器が悪用されていることを知り、愕然とする。自分の天才的な知能とビジネスセンスを世界のために使うよう決意。自身が開発したパワードスーツに身を包んで、世界の人々を守る彼は、ヒーロー“アイアンマン”として目覚めていく。 ー私がアイアンマンだ。

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

お金持ちで天才、パーフェクトなトニー・スタークが抱えてきた過去の秘密、ヒーローとしての葛藤が描かれる一本。“ヒーローとしてのあり方”についてキャプテン・アメリカと真っ向から対峙し、最強ヒーローチーム<アベンジャーズ>が引き裂かれていく――

作品紹介

「アベンジャーズ」シリーズに登場するヒーローたちは、人間的な魅力でいっぱい!
その傲慢さにより国を追放され、徐々に王としての品格を学んでいく雷神ソー。
怒りによって超人的なパワーを持つハルクと化し、自らの力を恐れるブルース・バナー。
スパイとしての英才教育を受け、他者に干渉せず任務に徹しようとするブラック・ウィドウ(ナターシャ・ロマノフ)。

『アベンジャーズ 』

立場も考え方も全てが異なる、個性が強すぎるヒーローたちは、世界の危機を前に果たして団結して戦うことができるのか――?
ヒーローなのに“完璧でない”最強たちの人間味があふれる一本!

作品紹介